ひなた助産所

広島県呉市 の 助産所 ひなた助産所

080-2935-6851
広島県呉市押込4丁目18-9

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

HOME»  ブログ記事一覧»  日常のこと»  無意識の片づけ

無意識の片づけ

無意識の片づけ

 

 

すり鉢とすりこぎのペア
  

使いたい時になって、行方不明のすりこぎは、毎度のように捜索(/ω\)

ペアで納めたら、解決。とても簡単なことなのに

 

ひなた助産所 ひなたより 。

助産師の飯塚陽子です。

 

在宅時間が長いので、モノの定位置を決める作業がはかどりました。

モノに住所があると、無意識に戻せます。

住所は必ず一つと決めて。

一つなら覚えやすいです。

 

離乳食作りから30年来活躍するペア。

じゃがいも。人参。トマト。かぼちゃ。ほうれん草。大根。・・・

みそ汁の具。付け合わせの野菜。煮物のおすそ分け。

ちょこっと、取り分けて潰すのに活躍。

そのままお匙ですくって、「あーん」!

使いながら、片づけながら、そんな景色を思い出します。

 

すりこぎは少し大きくして2代目。

冬は、ほうれん草に、みずな。

これから、インゲン、オクラ、と、もっぱら、ごまをする楽しみ。

 

無意識に一緒に暮らす、大事な道具。
 

「あのペアさんは、あそこの引き出しにいる」って、住所がわかるだけで、頭はすっきり。

これを、「よ ゆ う」 というのでしょうね。

 

片付けの師匠は、この感覚を伝えたいのでしょう。

また住所づくりに励みます。

                              
surikogi

 

2020-05-24 12:23:08

日常のこと   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント