ひなた助産所

広島県呉市 の 助産所 ひなた助産所

080-2935-6851
広島県呉市押込4丁目18-9

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

HOME»  ブログ記事一覧»  BSケアと母乳育児»  ミルクの補足

ミルクの補足

ミルクの補足

おはようございます。ひなた助産所 ひなたより 助産師のいいづかよう子です。

今日は、夏至です。昼間の時間が一年で最も長い一日。地球や宇宙を感じます。
覚悟していた梅雨もどこかで立ち止まって、身の振り方を考えているのでしょうか。
穏やかな梅雨であってほしいです。

母乳を飲んでいる赤ちゃんにミルクの補足が必要な場合のお話です。

新生児の胃の大きさは、生後7日で60mlくらいに。
生後10日で、80mlくらい。少しづつ大きくなっていきます。


その後は、個人差はありますが1か月で80~150mlくらいです。

母乳を飲んでいる場合、1か月健診までの間は日々の体重の増え方によってミルクの量は、助産師と相談して必要量を考えられるとよいでしょう。
必要な赤ちゃんには体重に応じて1日どれだけ飲めていればよいか。そして、それを数回から~8回くらいに分けて飲ませてあげます。
私は、なるべく母乳を飲ませてあげたいお考えのお母様には、胃の大きさから、一か月までの1回量は、多い赤ちゃんでも母乳プラス80mlくらいの補足をご提案しています。実際の赤ちゃんの状況を伺いながらですが。

飲み過ぎで泣くこともあります。意外と知られていないようです。

赤ちゃんにとって、抱っこで落ち着かせてほしい時期でもあります。
あれだけしっかり子宮で包み込まれていたのですから。
この世界の重力を全身で受け止めながら、体の置きどころを探している最中です。
赤ちゃんと肌を寄せて眠ることや、家族みんなで抱っこし合える環境づくりも大切にしているご提案です。

 

cup
NPO法人BSケア設立記念に頂きました。
12月生まれの私はターコイズブルーに一目ぼれ(∩´∀`)∩
皆様と元気をシェアできますように

 

2019-06-22 08:56:53

BSケアと母乳育児