ひなた助産所

広島県呉市 の 助産所 ひなた助産所

080-2935-6851
広島県呉市押込4丁目18-9

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

HOME»  ブログ記事一覧»  妊婦さん・産後ママ あるあるトレーニング

妊婦さん・産後ママ あるあるトレーニング

BSケアと母乳育児 ひなたの台所 妊婦さん・産後ママ あるあるトレーニング ・・・もっと見る>>
  • 件 (全件)
  • 1

赤ちゃん抱っこと手首

こんにちは。ひなた助産所 ひなたより 助産師のいいづかよう子です。

昼間の日差しが強くなりました。授乳中の方は、適度な水分補給を心がけてください。

産後、赤ちゃんのお世話が始まると、手首の違和感や動き辛さ、痛みなどを感じられる方がおいでです。特に首が座らないうちは、抱っこや授乳、沐浴、など支えるのに気を遣われると思います。

こんな時、
手先から肩甲骨までゆっくり動かしてみましょう。

先ず、
仰向けに寝て、両手は体の横に楽において、肩甲骨と床の接地面の感じ、肩の床からの高さ、腕の床への置き心地など、左右を比べながら観察しておきます。

つぎに、
1.肩の高さで、片方の腕を横に伸ばします。
2.手でかるくにぎり拳を作ります。
3.握ている手が小指の方へ向かうように(足元の方)床の上を転がしたり戻したりします。
4.つぎは、親指の方へ向かうように(頭の方)床の上を転がしたり戻したりします。
手先から、手首、肘、肩まで、順に動きを感じながら動かしてみましょう。
必ず痛みや、違和感のない範囲で転がします。
骨を意識して転がします。

いつもの呼吸をしながらできるペースで。小さくゆっくり動かします。
回数に決まりはありません。疲れない、頑張らない程度がいいですね。5回~10回試して加減を見てもいいでしょう。

終わった後、
動かす前の観察した感じと比べてみます。反対の動かしていない方と比べてみます。
変化を感じるかどうか、感じればどんな感じか。

反対側も
同じように動かして、前後で比べてみましょう。

こうして、
動かす前後の感覚を自分で感じる。意識して動かす、動きを頭と体に覚えてもらう。
これがトレーニングです。
自分の体の左右差や動きのくせを知ることに繋がります。

 
 
ohana
ストレプトカーパスというそうです。
秋のはじめに、茎を切って水にさして、台所で冬を越しました。
根っこがたくさん出てきて、土に植えました。
素敵なブルーの花が飛び跳ねるように咲く予定です。
楽しみをご一緒しましょう!



 

2019-06-14 00:49:45

コメント(0)

折りたたむ

骨盤調整ってした方がいいんですか?

こんにちは。ひなた助産所 ひなたより 助産師のいいづかよう子です。

「骨盤調整って、必要ですか?」と、妊婦さんや産後のママからよく質問を受けます。

妊婦さんや、産後ママの体は、赤ちゃんを育てて産むために、ホルモンが働いて、関節が緩みやすくなっています。
骨盤を組み立てている骨と骨をつなぐ関節や結合が緩み、赤ちゃんの通過を助けるためです。
すごい仕組みですね。


しかし、
妊娠中から産後の体は、このホルモンの働きの他、姿勢の変化、お産や赤ちゃんのお世話などによって、腰痛、股関節の痛み、足のむくみ、肩凝り、腱鞘炎、など、骨盤だけでなくあちこちからケアの要請が発信されがちです。

骨盤のゆがみは、痛みや凝りだけでなく、排せつ、
呼吸、リラックス、睡眠や疲れなどにも影響します。
骨盤内の臓器の下垂、尿漏れなど、
高齢になるまでずっと意識して整え、予防したいことです。

骨盤を整えることは、全身の骨格を整えることでもあります。
よって、骨盤を整えることで、からだのあちこちからのケア要請にも応えることができます。
また、骨格を整えることで、筋肉が持っている力が、整える前よりも40%アップしたという報告もあります。


この骨格を緩めるホルモンは、産後しばらくの間は働いているようです
つまり、産後はゆがみを整える好機といえるでしょう。


骨盤調整は全身の骨格を整える大切なケアだと考えています。
それによって、姿勢、呼吸、排せつ、睡眠、筋肉なども整うことに繋がります。

小さくゆっくりとした動きが整えるポイントです。
これからご紹介していきたいと思います。


 


tekisuto

今日は、私が非常勤講師をさせて頂いている、大学の母性看護学の講義の初日でした。
産後のお母さんのケアについてお話してきました。
大学2年生。元気を頂いた時間でした!

 

2019-06-10 19:08:14

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1